小町ブロッサム

バセドウ病とたたかう20代女子のまいにち

私がバセドウ病になってみて気づいたこと3つ

こんにちは!ちゃき(@chaki__xx)です!

 

まだブログを始めた初心者中の初心者ですが、

見に来てくださってる方がいることが嬉しいです。

ありがとうございます。

今日はわたしも年末から戦っているバセドウ病について書きたいなと。

 

f:id:chaki_days:20180214065551j:image

 

このブログを書くきっかけのひとつになった出来事です。

いい意味でも悪い意味でも変わったので、それを記録する意味と

同じ病気になっている人や病気を理解したい人、また

バセドウ病とは別の病気と戦っている方に伝わってくれたら

うれしいな〜とおもってます。

 

 

 

 

食への執着が強くなった

 

これがいまのところ一番大きいかな〜。

もともと食い意地ははってたほうだけど

一番困るのが、夜中におなかがすいちゃうこと。

空腹が気になって気になって眠れなくなっちゃって

食べてしまう。

絶対食べたら後悔するんだけど寝れないから仕方なく・・・って感じ。

 

初期のころはすぅぅぅぅっごく喉が渇く感覚があった。

友達とランチしていても私がひとりで水ばっかり飲んでるから

常にピッチャーを持った店員さんにマークされてた。笑

 

 

割と見た目では分からない

病院に行ったとき、他の患者さんを見ても

健常な方との違いがほとんど分からないの。

だからこそしんどくても理解されづらかったり

自分でも気付きにくかったりするんだな〜と思った。

 

でも人によっては眼球突出だったり、痩せだったり

見た目に変化のでてくる方もいるので

こういった点でも女性のバセドウはつらいですよね。

 

 

健康であることのありがたみがわかった

これは本当に一番大きい!

今まで日常で出来ていたこと(家事とか買い物とか)が

突然出来なくなってしまってから、ものすごく考えるようになった。 

ずーっと動けず家にいるって相当メンタルやられるし

症状が落ち着いてきた今、いつも通りに家事が出来たり

外にお出かけできるようになったのが幸せで仕方ないです。

 

 

最初は精神的にも不安定で

意味もなく涙が出たり、感情的になったりして

そんな自分に腹が立って余計に落ち込む

という負のループに陥ってしまってました

あのときの家族や彼の支えがあったから

いまこうやって普通に生活することができてるのかな

 

今は症状が良好になってきて薬の量が減ってきました。

良くなる=代謝がもとにもどる=太る

ということで体重のコントロールに苦戦しております。

運動と言う運動もできていなかったので

筋力も落ち、へろへろです。

あと、ひざが痛みます。笑

 

まずは体力を戻すことを第一に、

無理しない程度に病気前の生活にもどしていきたいです!

 

社会にもつながりは持っていたいので

バセドウ病を理解してもらえる仕事もできたらいいな。

病気が理由で好きなことが出来なくなるのは嫌だし。

 

こうやって今の気持ちや記録、出来事を書いていって、

あんなこともあったな〜って笑って見返せるようになるのが目標。

こんなわたしですがよろしくお願いいたします^^

 

 

この記事ひとつも関西弁出んかったわ。

あ、出たわ。

 

ちゃき