小町ブロッサム

バセドウ病とたたかう20代女子のまいにち

全校生徒代表で「良い歯の児童」を受賞した話

f:id:chaki_days:20180216081214j:image

今週のお題「表彰状」

 

こんにちは、ちゃき(@chaki__xx)です

タイトルにもあるように、わたし小学生のときに「良い歯の児童」として

学校から表彰されたことがあるんです。全校生徒の代表?みたいな感じで

 

もしかしたら歯の表彰ってわたしの地元だけかもしれないので

軽く説明しますね。

小学校って健康診断あるじゃないですか。

そのときの歯科検診で歯科医師さんが生徒一人一人の歯を見て

「虫歯」「歯茎」「歯並び」「歯磨き」について減点方式で

審査するんです。

そのサバイバル方式で学年関係なく学校で男女一人ずつ選ばれるんですけど

女の子代表で勝ち上がったのがわたし、ということです(どや顔)

 

ただわたし、今だから言えるんですけど当時ドーピングしてたんです。

ドーピング・・・そうです。ドーピング(歯の矯正)です。

ちょうど歯科検診を受けた時期が歯の矯正を終えて

器具を外した直後だったので、

歯並びの項目が飛び抜けて高得点をマークしてしまったのです。げへへ

医師含め担任の先生、ならびに関係者の方々すみませんでした。

 

ただ虫歯については大人になった今でも、1本もありません。

これはドーピングしようもないですね。シンプルに日々の努力です。

小さいときから三食後は必ず歯を磨く習慣をつけるようにしつけられていたので

今でも食べた後は歯を磨かないと気が済まないですね

 

でももっと小さいときって歯磨き嫌がるじゃないですか。

わたしも昔死ぬほど嫌がってたらしいです。

母に「そんな嫌がってたんならどうやって歯を磨かせてたの?」と聞いたら

「ちゃきはヘッドロックして無理矢理磨いたのよ^^」と。

 

え、こわない?

3歳にしてヘッドロックを教育として受けてる娘こわない?

でもそれがあったから今も歯はきれいに保てているんだと思うと

感謝しかないですね。サンキューヘッドロック

(両親はどちらも虫歯が多かったので、

子供には虫歯に絶対になってほしくないと言う気持ちがあったそう)

 

歯列矯正に関しても、していた時期がちょうど小学校の思春期だったので、

歯並びがいかに大事かって言うのも理解していなかったし

前歯の見える位置にある矯正器具はほんっとーに嫌だった。

笑うと見えるから笑い方もぎこちなくなったし

最初は口の中にあるワイヤーが痛い。歯磨きも大変だったし。

でも結局1年ちょっとつけていたら面白いくらいにきれいになった。

それから自信がついて性格も明るくなった。

 

からの良い歯の児童入賞よ?なんのシンデレラストーリー?

 

 f:id:chaki_days:20180216081228j:image

 

いまも定期的に歯医者さんには通っていて

ホワイトニングとか検診とか受けているけどどこに行っても

虫歯がないこととか歯のきれいさをほめられる。

子供のときは「いちいち歯を磨け」ってうるさいなー

って思ってたけど大人になってやっと親のありがたみがわかりました。

 

 

いま小さい子供を持つお父様お母様がこのブログを見てくださっているとしたら

どうかヘッドロックしてでもお子さんの歯を磨いてあげてください。

そのときはめちゃめちゃ反抗して泣いたり暴れたりするかもですが

10年後、20年後に必ず感謝されます。絶対にです。

以上、歯は大事だぞ!って話でした。

 

 

PS.あと表彰と言えば大学のときミスコン優勝しました。

え、そっちの話の方が聞きたかったって?

なんにも面白いことないから言わないよ?笑

 

 

ちゃき