小町ブロッサム

バセドウ病とたたかう20代女子のまいにち

憧れのマリーナベイサンズで一生分の贅沢をしたはなし

数年に一度くらいのペースで、海外に行きます。

なんか非日常感が好きなんですよね!

どっこにも日本語のない町並みとか携帯をオフにして

自分だけの世界になったかのような開放感とか。

f:id:chaki_days:20180329084130j:image

ホテルはせっかくだしってことで

あこがれのマリーナベイサンズ!!!!

f:id:chaki_days:20180329084151j:image

 

f:id:chaki_days:20180329084213j:image

 

お目当ては宿泊者専用のプール

 

宿泊した人しか入れないプール目当てで泊まった!

なんてブルジョワ・・・

水深は思ったより深くてカナヅチのわたしは

呼吸を確保することでいっぱいいっぱいでしたね

(どうして泊まろうと思った)

f:id:chaki_days:20180329084248j:image

 

f:id:chaki_days:20180329084307j:image

ホテルの屋上のプールだから

落ちちゃわないかという心配が行く前にはあったんですけど

ちゃんと落ちないようにワンクッション(?)の工夫があって

そりゃそうだよなってひとり納得してました。

 

f:id:chaki_days:20180329084339j:image

朝食もこのプールが見えるレストランでバイキングができて

ものすごい開放感だったな〜

このワッフルに挟んである「カヤジャム」というジャム。

シンガポールでは有名でココナッツミルクと卵、砂糖からできていて

非常に甘い。けどなんだかクセになると言うか病み付きになる味で

シンガポール滞在中は毎日食べてた気がする。

 

f:id:chaki_days:20180329084631j:image

(写真だいぶ調子乗っててすいません。

あ〜こいつもう二度と行けることないから120%の気持ちで楽しもうとしてるんやな〜哀れ〜ぐらいの暖かい目で見てやってください)

 

 

 

 

あとね、おすすめはチョコレートとチーズが食べ放題なバーがあるところ!

お酒を飲みながらまったりできるという普段では

まずできないであろうセレブ体験ができます。

もう食べることないんじゃないかという悲しみと

贅沢したったぞ!!!という優越感に浸りながら食べたチョコは

なんだか不思議な味がしました。

 

f:id:chaki_days:20180329084411j:image

地下にはカジノがあって、ショッピングモールとも直結してるし

そのショッピングモールには川が流れている。なんぞこれ

 

チリクラブはぜひ食べていただきたい

 

f:id:chaki_days:20180329084444j:image

 

f:id:chaki_days:20180329084508j:image

 

シンガポールの食べ物でのおすすめはチリクラブ!

ものすごく簡単に言うとエビチリのエビをカニにしたようなもので

カニの身をほぐしながらチリソースと混ぜて食べる料理。

揚げたパンが一緒についてくるんやけど

一緒に食べたらもうそんなんまずい訳ないやん(半ギレ)ってかんじで

ずっと食べていられます。シンガポール怖い。

ただカニをまるまる一匹使った料理で、それなりにお値段がするので

お店によっては「ハーフサイズで」と言えば

半分の量で作ってくれるところもあります。ぜひぜひ

 

あとはココナッツミルクでつくったラーメンのラクサが

おいしかったな。

グリーンカレーとか好きな方なら絶対好きだと思う

 

インスタ映えなおしゃれカフェがいっぱいあるよ

 

あとぜひ行ってみてほしいのがハジレーンという場所にある「Selfee coffee」

スマホで撮った写真をカフェラテにプリントしてくれるという

とても面白いサービスがあるのです。

だいたい5分くらいでできあがる。いわゆるインスタ映えってやつ

 

f:id:chaki_days:20180329084517j:image

まぁまぁ再現度が高くて感動

 

あ!ただ一つ問題点を言うとしたら

 

f:id:chaki_days:20180329084524j:image

 

どう頑張っても終盤は顔面が崩れることですかね